農業気象災害のリスク推定ツール

農業気象災害のリスク推定ツール

レコードナンバー641695論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014186NACSIS書誌IDAN10481161
著者名木浦 卓治
二宮 正士
Laurenson M.
書誌名農業情報研究
別誌名Agricultural information research
農業情報利用研究会誌
発行元農業情報利用研究会
巻号,ページ10巻・ 2号, p.79-90(2002-01)ISSN09169482
全文表示PDFファイル (2261KB) 
抄録時期はずれの霜や豪雨などの激しい気象が生ずると、農作物は壊滅的な打撃を受ける。長期間にわたる気象観測データを利用すれば、これら気象災害のリスクの推定して、事前に対応することにより被害を軽減することができる。しかしながら、これらの気象データを処理してリスクを推定するツールは、通常特定のデータベースしか利用できない。我々は、11のオンライン気象データベースに接続して統一的に気象観測データを利用できるMetBrokerを開発した。ここでは、MetBrokerを利用して長期気象観測データを取得し、気温・降水量・風速などが、ユーザが設定した閾値を越える確率を計算する2つのJavaアプレットについて記述する。ひとつは、特定の場所と季節に、それらの状態が一月のうちにどのくらい生じるか、また、それらが最初に観測されてから最後に観測される間の日毎の積確率を示すことができる。ソフトウェアの有効性を示すために、ニュージーランドと日本のほぼ対応する緯度にある二つの霜害がひどい地域に関するリスクを推定して比較している。もうひとつは、ある特定の地域内にある観測点のリスクを計算して、その地域でリスクがどのように広がっているのかを示す。気温の場合には、内挿を行うことにより面的なデータとして示すことができる。
索引語気象災害;リスク;データ;プログラム;推定;確率;コンピュータ;凍霜害
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat