極大粒型イネ品種における不稔発生の要因

極大粒型イネ品種における不稔発生の要因

レコードナンバー641757論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018840NACSIS書誌IDAN00094318
著者名滝田 正
書誌名日本作物学会東北支部会報
別誌名Report of the Tohoku Branch, the Crop Science Society of Japan
発行元日本作物学会東北支部
巻号,ページ44号, p.3-6(2001-12)ISSN09117067
全文表示PDFファイル (316KB) 
抄録イネの籾面積(籾長×籾幅)が44mm2以上または籾長が10mm以上の極大粒型では不稔籾が45%以上発生した。この不稔率は奇形籾率と相関関係が高かった(r=0.886**)。粒長、粒幅に関する準同質遺伝子系統の比較でも、極大粒型は、奇形籾が多く、不稔が多かった。しかし、籾面積が43mm2以下または籾長が9.7mm以下の場合は不稔と粒大の間に相関関係は認められないので、不稔の少ない極大粒を選抜する場合、これらの数値を目標にする必要がある。
索引語水稲;粒;大きさ;多収;稔性;抑制;奇形;もみ
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat