プロトポルフィリノーゲンIXオキシダーゼ阻害型除草剤ピラフルフェンエチルのコムギとヤエムグラに対する選択性発現機構

プロトポルフィリノーゲンIXオキシダーゼ阻害型除草剤ピラフルフェンエチルのコムギとヤエムグラに対する選択性発現機構

レコードナンバー641807論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名村田 伸治
山下 亜紀
木村 幸夫
ほか3名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 1号, p.47-52(2002-02)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (631KB) 
抄録広葉雑草、特にヤエムグラに対して卓効を示す新規ムギ用除草剤であるピラフルフェンエチル[ethyl 2-chloro-5-(4-chLOro-5-difluoromethoxyl-1-methylpyrazol-3-yl)-4-fluorophe-noxyacetate]のコムギとヤエムグラに対する選択性発現機構を解明するために、本化合物のProtox阻害活性ならびに本化合物を茎葉処理した時のProtoIXの蓄積量、本化合物の葉面付着、吸収および代謝を両植物間で比較した。また、植物代謝物のProtox阻害活性を測定した。ピラフルフェンエチルの標的酵素である葉緑体由来Protoxの感受性には両植物間に差が認められなかったが、本化合物の茎葉処理によりヤエムグラにのみProtoIXが顕著に蓄積した。茎葉処理した本化合物の葉面付着と葉身中への吸収はコムギと比較してヤエムグラで顕著に多く、吸収された本化合物に対する解毒代謝能はコムギに比較してヤエムグラでは極めて小さかった。これらの違いにより、選択的除草活性が発現していると考えられた。
索引語除草剤;ムギ類;アカネ科;雑草;作用特性;選択性;酵素阻害剤
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat