モモ枝折病菌(Phomopsis amygdali)Niigata 2からのフシコクシン類の化学的同定とそれによる3´-デアセチルフシコクシンAの生産

モモ枝折病菌(Phomopsis amygdali)Niigata 2からのフシコクシン類の化学的同定とそれによる3´-デアセチルフシコクシンAの生産

レコードナンバー641810論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名田島 直人
久米 寛子
兼松 聡子
ほか2名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 1号, p.64-67(2002-02)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (318KB) 
抄録新潟県で分離されたモモ枝折病菌Niigata2株は、Phomopsis amygdaliと分類され、この人工培養液から強い植物ホルモン様作用を有するフシコクシンA(FCA)とその3'-デアセチル体である3'-デアセチル-FCAを単離・同定した。これはフシコクシンを本邦産の糸状菌から同定した最初の例である。さらに、本菌の振盪培養におけるフシコクシン類の生産性について、主に培地成分の炭素源と窒素源の検討を行い、5%市販砂糖-0.7%ソイビーンミール-0.5%KH2PO4-0.1%MgSO4・7H2O培地を用いることにより、主成分の3'-デアセチル-FCAを生産量275μg/mlで得た。次にNiigata2-A株による同培地を用いた培養で3'-デアセチルーFCAを生産量700μg/mlで得ることに成功した。また、この培養過程において、本菌はFCA、iso-FCA及びFCJも生産していることを明らがにした。
索引語モモ;病原菌;マイコトキシン;同定;培養;毒素;生産;真菌類(不完全菌)
引用文献数14
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat