一次圧密理論の再検討

一次圧密理論の再検討

レコードナンバー641870論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名吉田 昭治
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ217号, p.35-48(2002-02)ISSN03872335
全文表示
抄録Lagrange座標系と公称歪による浸透水に関する連続式をもとに、有効応力に関する線形一次圧密支配式を導いた。この圧密式では、層厚が変化する圧密問題でも固定境界の下で解いた解が厳密解となる。この解析解がTerzaghiの理論解と一致するのは、Euler座標系によるTerzaghiの圧密式が誤って線形式として誘導され、さらに固定境界の下に解くという誤りの結果、本論の式を解くことに一致したことによること、また三笠のEuler座標系による対数歪に関する圧密式の場合、固定境界の下に解くという解法を間違ったために様々な矛盾を生むことなどを明らかにした。圧密試験データから一次圧密を規定する圧密係数と体積圧縮係数を同時にセットで求める方法を提案した。
索引語土壌工学;圧縮;浸透;数学;ひずみ;応力
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat