東京大学北海道演習林におけるエゾマツ実生育苗の実際

東京大学北海道演習林におけるエゾマツ実生育苗の実際

レコードナンバー642004論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00018015NACSIS書誌IDAN00162451
著者名小笠原 繁男
書誌名東京大学農学部演習林報告
別誌名Bulletin of the Tokyo University Forests
巻号,ページ106号, p.49-68(2001-12)ISSN03716007
全文表示PDFファイル (4157KB) 
抄録本報告は、東京大学北海道演習林樹木園苗畑において1988~2001年にエゾマツ実生育苗を試みる中で得られた育苗技術の実際を記載し、その要点と課題を抽出したものである。その内容は、1)種子の採取と貯蔵、2)播種床の準備、3)播種、4)1年生苗の育苗管理、5)2年生苗の育苗管理、6)床替え、7)4年生苗の育苗管理、8)5・6年生苗の育苗管理、9)山出し苗の掘り取り、10)パーク堆肥づくり、となっている。筆者は、エゾマツの実生育苗の成否は、播き付け床における雪腐れ病の防止にあると考えた。そして、雪腐れ病の発生誘因が土袴と雪圧による苗の倒伏であることを見いだし、土袴の発生に対して火山礫の散布が、苗の倒伏に対して雪圧緩和用の雪囲い設置が効果的であることを実証した。これらの資料は、エゾマツ実生育苗の実用的指針となるばかりでなく、北海道におけるエゾマツ人工造林の推進普及に貢献できると考えられる。
索引語エゾマツ;実生;育苗;樹病;積雪;北海道
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat