イネ葉身におけるいもち病菌侵入部位でのケイ素の蓄積

イネ葉身におけるいもち病菌侵入部位でのケイ素の蓄積

レコードナンバー642256論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名前川 和正
渡辺 和彦
神頭 武嗣
ほか4名
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ73巻・ 2号, p.103-108(2002-04)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (695KB) 
抄録ケイ素のいもち病抑制機作を究明するために、いもち病菌の侵入時のイネ葉身表皮で元素のマッピングをクールステージ搭載低真空走査電子顕微鏡(ⅤP-SEM)とエネルギー分散型X線分析装置(EDX)により、試料を前処理なしに直接、観察・分析した。 傷だけを与えて64時間後のケイ素施用イネの第5葉身表面で、ケイ素は孔辺細胞、副細胞以外の表皮細胞、特にいぼ状突起に分布していた。有傷接種64時間後のケイ素施用イネの第5葉葉身表面では、接種した分生胞子が発芽して発芽管を伸長し、その先端に葉身への侵入部位である半円球状の付着器が形成されていた。付着器付近部にはケイ素が高密度に集積していた。しかし、接種の有無にかかわらず、窒素、カリウム、マグネシウム、カルシウム、塩素等の元素は表皮細胞に均一に分布していた。本報告は、イネにおいて、いもち病菌侵入時のケイ素の挙動を示した初めての報告である。
索引語イネ;葉身;いもち病;珪素;植物病原菌;侵入;蓄積
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat