和歌山県中部の砕波帯におけるアユ仔魚の分布

和歌山県中部の砕波帯におけるアユ仔魚の分布

レコードナンバー642437論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名東 健作
平賀 洋之
堀木 信男
ほか1名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.9-15(2002-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (326KB) 
抄録和歌山県中部の砕波帯15地点においてアユ仔魚を採集し、仔魚の採集量、サイズおよび日齢から当海域の砕波帯におけるアユの分布パターンを検討した。アユ仔魚の孵化期間は、10月上旬から1月上旬の約3ヶ月間であり、このうち11月生まれが主体を占めた。孵化月別に分布パターンをみると、10月および11月生まれの個体は、主要河川の河口周辺のみならず、河口から岸沿いに15-20km離れた地点でも多く採集されたのに対して、12月生まれの個体は河口周辺に留まってほとんど広がらない傾向を示した。アユの分布パターンと解化期間中の降水量の推移から、河川流量の多い10-11月に孵化した個体は、河川流量の少ない12月に孵化した個体に比べて分散距離が大きい傾向が認められた。以上から、海域におけるアユの分散距離は孵化期間中の河川流量に影響を受けることが示唆された。
索引語アユ;稚仔;和歌山県;海岸;分布
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat