水稲無病化種子「玄米種子」による種子伝染性病害の防除効果

水稲無病化種子「玄米種子」による種子伝染性病害の防除効果

レコードナンバー650148論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名内藤 秀樹
根本 文宏
山下 亨
ほか9名
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名日本植物病理学会報
Japanese journal of phytopathology
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ68巻・ 1号, p.28-35(2002-04)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (1099KB) 
抄録現在、防除を要する水稲の主要病害は紋枯病を除いて、いもち病、ごま葉枯病、ばか苗病、もみ枯細菌病、苗立枯細菌病等種子伝染性病害が大部分を占める。これらの種子伝染性病害の根本的な防除を目的として無病種子の作成を試みた。通常種子として用いるもみでの種子伝染性病害病原菌の存在部位は主にもみ殻で、玄米はほぼ無病原菌であることから、玄米に保護膜として水溶性ポリアクリル樹脂と粉末活性炭で二重被膜した水稲の無病化種子“玄米種子”を開発した。本玄米種子を育苗箱で通常に育苗することにより育苗期の病害であるばか苗病、もみ枯細菌病、苗立枯細菌病、本田移植後ではいもち病が種子消毒剤による薬剤防除とほぼ同等に防除可能であることが明らかになった。本種子を用いることにより種子もみの長期間の種子浸漬や種子消毒の削除、種子消毒剤の廃液処理問題解消、本田期での種子伝染性病害防除作業の削減が可能となり、種子伝染性病害の根本的防除および、環境と人間に優しい農業確立に大きく貢献するものである。
索引語水稲;種子;伝染;病害防除;耕種的防除;玄米;SPF;人工種苗
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat