テーブルビート培養細胞由来赤色色素の食品への利用

テーブルビート培養細胞由来赤色色素の食品への利用

レコードナンバー650202論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名秋田 徹
日名 保彦
西 豊行
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ49巻・ 4号, p.238-244(2002-04)ISSN1341027X
全文表示
抄録テーブルビート(Beta vulgaris L.)培養細胞より得られた色素の食品用色素としての利用の可能性を検討した。耐熱性と耐光性をテーブルビート根由来の色素と比較し、さらに食品への応用にっいても検討した。また、大量培養を含む培養細胞よる色素の安定的な生産についても検討した。 30lジャーファーメンターで培養した結果、フラスコレベルでの生産性に相当する赤色色素が得られた。培養細胞から得られた赤色色素は、耐熱性と耐光性に関してテーブルビート根由来の色素と同様の特性を示した。また、豚肉ソーセージと魚肉ソーセージヘの応用例においても、培養細胞より得られた色素は、安定性や特性に関して根由来の色素と大きな差はなかった。 培養細胞由来の色素が根由来の色素と同等の性状を有していることから、食品への応用は可能であり、かつ、安定的な大規模生産が可能であることが示された。
索引語色素;食品;培養細胞;アカザ科;利用
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat