海洋深層水を利用したヒラメ稚魚の耳石バーコード標識について

海洋深層水を利用したヒラメ稚魚の耳石バーコード標識について

レコードナンバー650353論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013149NACSIS書誌IDAN10245657
著者名渡辺 健
小善 圭一
堀田 和夫
書誌名富山県水産試験場研究報告 = Bulletin of Toyama Prefectural Fisheries Experiment Station
別誌名富山水試研報
Bull. Toyama Pre. Fish. Exp. Stn.
Bulletin of Toyama Prefectural Fisheries Research Institute
Bull. Toyama Pre. Fish. Res. Inst.
発行元富山県水産試験場
巻号,ページ13号, p.19-26(2001-03)ISSN09156542
全文表示PDFファイル (912KB) 
抄録1997~2000年に、富山湾から取水している低温の海洋深層水(2~3℃)を活用してヒラメ稚魚(平均体長(TL)2.5~90mm)の飼育水温を5℃または10℃昇降温させ、耳石(扁平石)にバーコード標識(日周輪の中に複数の障害輪をパターン化して挿入したもの)を形成することが可能かどうか検討した。バーコード標識は、10℃昇降温させた場合にのみ形成され、TL90mm(低温期間・常温期間・低温期間=6日・3日・6日)では100%、50~70mm (同じく2日・2日・2日または4日・4日・4日)では40~80%の飼育魚で認めることができたが、5℃昇降温の場合にはどの体長の魚にも形成されなかった。TL90mmの稚魚に形成したバーコード標識は、1年経過後でも確認でき、個体によっては耳石表面を研磨しなくても標識の有無が認められた。ヒラメでは、稚魚期の低温暴露が性比の変化(雌の減少)を引き起こすことが知られているが、本実験ではTL50~90mmについて調べた結果、低温暴露の反復による標識付けの1年後も顕著な傾向は認められなかった。この標識方法は、魚体に損傷を与えることなく、温度パターンを変えることにより複数の標識をつくることができるため、多量の稚魚に処理を施すことが可能である。今後、ヒラメの流通過程において耳石(またはこれを含む頭部)を入手することができれば、放流魚の識別や移動を明らかにするうえで有用な手段となりうる。
索引語ヒラメ;稚仔;耳石;標識;水温;深海
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat