わが国における白絹病菌の遺伝的変異

わが国における白絹病菌の遺伝的変異

レコードナンバー650387論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024563NACSIS書誌IDAN10037751
著者名岡部 郁子
書誌名農業環境技術研究所報告
別誌名Bulletin of National Institute for Agro-Environmental Sciences
Bulletin of the National Institute for Agro-Environmental Sciences
Bulletin of the National Institute of Agro-Environmental Sciences
Bull. Natl. Inst. Agro-Environ. Sci
農環研報
発行元農業環境技術研究所
巻号,ページ21号, p.1-39(2002-03)ISSN09119450
全文表示PDFファイル (1298KB) 
抄録日本国内の白絹病菌は,リボソームRNA遺伝子ITS領域のPCR-RFLPパターン,菌核の形態および生育適温範囲において異なる2つのグループに大別される。それぞれのグループは外国におけるSclerotium rolfsiiおよびS. delphiniiに相当した。一方のグループは西日本から関東南部にかけて,もう一方のグループは北陸・東北・北関東に分布していた。西日本の1つの分離菌株から2種類のホモカリオン菌株が分離されたが,その1つはITS領域塩基配列において北陸・東北・北関東の菌株と極めて近く,両グループの間に遺伝的交流があることが示された。すなわち,両グループは形態学的には若干異なるが,生物学的には同一種である可能性を示した。一方で,本菌はその生活環において無性生殖が中心であり,有性生殖の機会は少ないことが,白絹病発生圃場の個体群において大多数の菌株が同一クローンに属することから示された。 以上から,白絹病菌はグループ間で遺伝的交流を行う能力は保っているが,実際にはその機会が少なく,地域による変異が大きいと考えられた。
索引語真菌類(不完全菌);遺伝;変異;日本;形質;遺伝子工学;地理的分布
引用文献数161
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat