冷温帯林土壌圏の炭素動態(1)

冷温帯林土壌圏の炭素動態(1)

レコードナンバー650421論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011894NACSIS書誌IDAN10164125
論文副題地形,植生と土壌分布
著者名酒井 徹
秋山 侃
賈 書剛
ほか1名
書誌名システム農学
別誌名Journal of the Japanese Agricultural Systems Society
発行元システム農学会
巻号,ページ18巻・ 1号, p.26-35(2002-04)ISSN09137548
全文表示
抄録賈書剛・秋山侃・酒井徹・小泉博(2002):冷温帯林土壌圏の炭素動態 1地形、植生と土壌分布、システム農学Vol.18、No.1、26~35。 森林生態系における炭素の動態は、地球温暖化にも関与するため、その定量的な解明が待たれている。本研究では、岐阜県高山市にある冷温帯落葉広葉樹の試験林1ヘクタールを、10m四方、100区に区分し、地形、植生、土壌、微気象などを調査し、土壌の分布とその発達過程を解析した。その結果、樹木が多く林床のササが少ない所に乾性褐色森林土BA、BBが発達し、樹木が少なくササが多い所に弱湿性褐色森林土BEが発達していた。また、林内のリター層の厚さ分布とリター減少率は、土壌A層の厚さと正の相関が認められた。土壌の発達は地形に支配される土壌水の動態と深く関連し、頂部と南斜面には適潤性褐色森林土BDが発達し、尾根と斜面間稜線に近い凸形縦断面の斜面及び急斜面や西斜面は、乾燥し表面浸食を受けるため、乾性褐色森林土BA・BBとなる。ここではA層・全土層とも薄い。反対に谷底部には土層の厚い弱湿性褐色森林土BEが発達していた。本研究によって、試験林内における土壌型の面的分布や各土層の厚さが明らかになり、土壌圏の炭素賦存量推定のための基礎的知見が得られた。
索引語森林土壌;落葉樹;地形;植生;地理的分布
引用文献数26
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat