海牛類の消化機構について

海牛類の消化機構について

レコードナンバー650440論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005762NACSIS書誌IDAN10073846
著者名明田 佳奈
河村 章人
書誌名三重大学生物資源学部紀要 = The bulletin of the Faculty of Bioresources, Mie University
別誌名The bulletin of the Faculty of Bioresources Mie University
発行元三重大学生物資源学部
巻号,ページ27号, p.85-103(2001-10)ISSN09150471
全文表示PDFファイル (1366KB) 
抄録海産哺乳類の中で唯一の草食動物である海牛類は、ジュゴン科のジュゴンとマナティ科のアメリカマナティ、アマゾンマナティ、アフリカマナティの2科から成る。海牛類の消化機構は他の肉食性海産哺乳類と比べて異なっていることから、注目を集めていた。本稿では海牛類の消化機構について、(1)消化管の解剖学的特性、(2)餌料植物の栄養学的特性、(3)消化機能に関連した栄養生態学的研究の3点を中心として、消化機構に関する既知の知見を概説し、今後の研究方向について展望する。 (1)海牛類は非反芻動物である。胃は単胃であり、「噴門腺」と呼ばれる海牛類に特有の腺塊がある。噴門腺は消化酵素を分泌する細胞と酸を分泌する細胞の2種の細胞から成っている。ジュゴンの噴門腺は球状に近いが、マナティ科のそれは指のような形をしている。ジュゴン科とマナティ科で形が違う理由は分かっていない。成体では腸は体長の9~16倍になる。ジュゴンの成獣では大腸は小腸の約2倍の長さになるのに対して、マナティでは大腸と小腸は同じ長さである。ジュゴンの盲腸は単一であるが、マナティの盲腸は先端が2つの角状に分岐している。解剖や形態の面から、海牛類は奇蹄目、長鼻目、ハイラックス目、げっ歯目やカメ目のアオウミガメが属する後腸動物に属する。 (2)ジュゴンは4科18種の海産顕花植物を摂餌する。淡水種であるアマゾンマナティを除いて、マナティは海域から淡水域までに生息する多種多様な水生植物を摂餌する。アメリカマナティは60種以上の水生植物を摂餌することが報告されている。ジュゴンが好んで食べる海草は陸生の草食動物が主に食べる植物と比べて、粗タンパク質含有量が少なく、粗繊維含有量が多く、カロリーが低い。一方、マナティ科が食べる水生植物を同じ陸上植物と比べると、粗タンパク質含有量が同等で、粗繊維含有量が少なく、カロリーが低い。陸生植物では水分が75~80%であるのに比べて、水生植物では85~95%が水分であるので、海牛類は自身の体を維持するために、大量の植物を食べなければならない。 (3)それぞれの研究で餌料植物は異なるが、海牛類の消化率は80~90%であり、陸上の非反芻動物はおろか、反芻動物よりも高いことが知られている。海牛類の消化機能は他の草食動物と比べてかなり優れている。消化管内容物の揮発性脂肪酸濃度の研究から、盲腸と大腸は餌料植物の繊維の分解と分解生成物の消化が行われる主な場所であることが考えられた。さらに、海牛類における餌料植物の体内滞留時間(120~216時間)は、後腸動物であるウマ(23~45時間)やゾウ(17~26時間)、オジロジカ(20~40時間)といった他の後腸動物やウシ(48~65時間)のような反芻動物と比べてとても長い。 海牛類は消化管や消化機能を草食性という自身の摂餌特性に適応させ、十分な栄養を体内に吸収するために少なくとも消化機能を2つの面で特化させた。1つは餌料植物が長い大腸内をよりゆっくり通過させて、餌料植物の体内滞留時間を長くしたことである。2つ目は繊維の分解とエネルギー吸収能力を高めるために、消化管内、特に盲腸や大腸に豊富な微生物を有するようになったことである。しかし、消化管内微生物に関する研究はいまだ行われていない。さらに、海牛類の消化生理や消化機能に関する知見はわずかである。今後、飼育環境下にある生存個体や、死亡個体を用いて、海牛類の消化機能に関する知見をさらに増やしていく必要がある。
索引語海獣類;消化;機構;植物;食性
引用文献数116
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat