古代米の品種改良とデンプンの分子構造変化に関する研究

古代米の品種改良とデンプンの分子構造変化に関する研究

レコードナンバー650449論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016848NACSIS書誌IDAN10438832
著者名聞 郁哉
三島 隆
書誌名三重大学生物資源学部附属農場研究報告 = The bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Bioresources, Mie University
発行元三重大学生物資源学部附属農場
巻号,ページ13号, p.30-36(2002-03)ISSN
全文表示PDFファイル (606KB) 
抄録本研究では、東北糯149号、フクヒビキ、奥羽368号、朝紫、コシヒカリを用いて米粒の形態的特性および米粒2粒からのデンプン分子構造の解明を試みた。形態的特性やデンプン分子量分布には、親間の中間の形質を示すものが見られた。アミロースに関しては、定法と比較してGPC法では低い値を示すが、似た傾向を示した。
索引語イネ;品種;改良;デンプン;分子構造
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat