北海道十勝地方の直播キャベツ畑の発生雑草

北海道十勝地方の直播キャベツ畑の発生雑草

レコードナンバー650485論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名石川 枝津子
増田 欣也
竹中 重仁
ほか1名
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ47巻・ 1号, p.7-13(2002-03)ISSN0372798X
全文表示
抄録北海道十勝地方に導入がはかられている直播キャベツ栽培の雑草対策を確立するために、直播キャベツの栽培試験圃場において発生雑草を調査した。直播キャベツ畑では、スカシタゴボウ(Rorippa islandica (Oeder) Borb.)、シロザ(Chenopodium album L.)、イヌタデ(Persicaria longiseta (DeBruyn)Kitag)、タニソバ(Persicarita nepalensis (Meisn.)H.Gross)の発生量が多かった。移植栽培との比較において発生草種に違いは認められなかったが、直播は移植に比較して雑草の発生量が多かった。また、直播栽培では、作期や施肥法によってスカシタゴボウの実生の発生本数が増加した。スカシタゴボウはキャベツの生育期間中に結実し埋土種子を増加させ、さらに、その種子の一部は出芽して越冬型となった。移植に比較して初期生育が劣る直播キャベツ作では土壌処理剤の使用が必要であるが、キャベツに使用可能な土壌処理剤(トリフルラリン)の効果はスカシタゴボウには劣った。直播キャベツ畑の雑草管理にはスカシタゴボウの対策が必要であることが明らかになった。
索引語直播き;キャベツ;発生;雑草;北海道
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat