ブタ卵巣の閉鎖卵胞顆粒層細胞ではTRAIL囮受容体-1が消失する

ブタ卵巣の閉鎖卵胞顆粒層細胞ではTRAIL囮受容体-1が消失する

レコードナンバー650717論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014744NACSIS書誌IDAA10936678
著者名和田 聡子
眞鍋 昇
井上 直子
ほか3名
書誌名The Journal of reproduction and development
発行元Japanese Society of Animal Reproduction
巻号,ページ48巻・ 2号, p.167-173(2002-04)ISSN09168818
全文表示
抄録ブタ卵巣の閉鎖卵胞顆粒層細胞ではTRAIL囮受容体-1が消失する 和田聡子・眞鍋 昇・井上直子・中山瑞穂・松井利勝・宮本 元 京都大学農学研究科応用生物科学専攻生体機構学 卵胞閉鎖時の顆粒層細胞アポトーシスの分子制御機構を解明すべく、腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド(TRAIL)とその受容体の局在を免疫組織化学的に調べた。閉鎖卵胞顆粒層細胞ではTRAIL囮受容体-1が消失した。しかし、TRAIL、TRAIL受容体-4および-5には著明な変化が認められなかった。TRAIL囮受容体-2は検出されなかった。ブタ卵巣の卵胞閉鎖過程で認められる顆粒層細胞アポトーシスの制御にはTRAILとその受容体が深く関与しており、TRAIL囮受容体-1はアポトーシス阻害因子として働いていると考えられる。
索引語ブタ;卵巣;卵胞;細胞
引用文献数46
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat