アユ仔魚用配合飼料のタンパク質源の検討および水溶性窒素成分の効果

アユ仔魚用配合飼料のタンパク質源の検討および水溶性窒素成分の効果

レコードナンバー650752論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名山本 章造
酒本 秀一
竹内 昌昭
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ68巻・ 3号, p.327-333(2002-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (663KB) 
抄録アユ仔魚用配合飼料のタンパク質源の検討および水溶性窒素成分の効果 山本章造(岡山水試)、酒本秀一(オリエンタル酵母工業)、竹内昌昭(東農大) 仔魚用飼料として、マイワシのシラスとシオミズツボワムシの真空凍結乾燥物(非加熱素材)および北洋魚粉(加熱素材)をタンパク質源とした配合飼料を5種類試作し、それらのアユ仔魚(平均全長12.Omm〕に対する効果を比較した。 アユ仔魚の生残、成長および絶食耐性に対し、シラス主体飼料は魚粉主体飼料より優れ、レシチンを添加すると生物餌料と遜色のない飼料効果を示した。シラス主体飼料は水溶性窒素成分を魚粉主体飼料の2倍以上含み、仔魚の消化吸収に適していると推察された。この結果は、組織化学的な手法を用いて明らかにされた仔魚のタンパク質吸収機構を実証するものと考えられた。 日水誌、68(3)、327-333(2002)
索引語アユ;稚仔;配合飼料;タンパク質;素材;窒素;成分;リン脂質
引用文献数35
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat