クロガシラガレイ(サロマ湖系群)の成熟体長と成熟年齢

クロガシラガレイ(サロマ湖系群)の成熟体長と成熟年齢

レコードナンバー650770論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
著者名村上 修
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ61号, p.17-23(2002-03)ISSN09146830
全文表示PDFファイル (636KB) 
抄録クロガシラガレイ(サロマ湖系群)の成熟体長と成熟年齢 村上修 漁獲対象魚種の産卵期、成熟体長及び成熟年齢を把握することは、漁期や体長の規制及びSPR型管理等の有効な資源管理方策を設定するため特に重要である。そこで、1989年~1999年のクロガシラガレイのサロマ湖系群を対象に産卵期を推定し、体長と成熟率、年齢と成熟率の関係を3つの成熟曲線モデルで比較した。その結果、産卵期は4~5月と推定され、成熟は年齢よりも体長に依存していることが示唆された。10~11月のデータから推定した50%成熟体長は、雄が13.7㎝、雌が17.1㎝で、50%成熟年齢は、雄が約4歳、雌が約5歳と算出された。成熟曲線を算出する際には、いつの時期のデータを選択するかが最も重要であり、成熟曲線はシンプルなロジスチック関数モデルで充分に実用的であった。 A337 北水試研報 61 17-23 2002
索引語カレイ類;北海道;湖沼;成熟;体長;年齢
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat