長期的高濃度炭酸ガス環境下におけるウンシュウミカンの光合成,リブロース1,5-ビスフォスフェートカルボキシラーセ活性に及ぼす着果の影響

長期的高濃度炭酸ガス環境下におけるウンシュウミカンの光合成,リブロース1,5-ビスフォスフェートカルボキシラーセ活性に及ぼす着果の影響

レコードナンバー650843論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名森永 邦久
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 3号, p.311-316(2002-05)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (448KB) 
抄録長期的高濃度炭酸ガス条件下に置かれたウンシュウミカンにおける光合成速度、リブロース1、5-ビスフォスフェートカルボキシラーゼ(RuBPCO)活性ならびに葉中のクロロフィルおよび炭素量の推移とこれらに及ぽす着果の有無の影響を検討した。約1,000μlC02・liter-1の高濃度炭酸ガス条件下では、光合成速度は通常濃度下での約2倍にまで急激に上昇し、2週間程度その値が保たれたが、その後しだいに低下する傾向がみられた。RuBPCO活性も一時的に上昇したが低下する傾向が認められ、光合成速度低下の一因はRuBPCO活性の低下によるものと考えられた。着果樹と無着果樹を比較すると、着果樹における高濃度炭酸ガス処理後の光合成速度の低下は抑制される傾向にあったが、両処理樹のRnBPCO活性には差異が認められなかった。このことは、着果樹において合成された炭素化合物の葉から果実への迅速な転流が重要であること、すなわち、葉での光合成産物の蓄積が抑制されることで光合成速度がより高く保持されたものと考えられた。このように、ウンシュウミカンにおいても高濃度炭酸ガス条件下で得られた高い光合成速度を維持するためには、迅速な光合成産物の転流を促す十分なシンクの存在が重要であることが示唆された。
索引語ウンシュウミカン;二酸化炭素;濃度;光合成;酵素(カルボキシラーゼ);活性;結実
引用文献数15
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat