北部九州地域における飼料用トウモロコシの絹糸抽出に要する数種積算温度の一定性の比較

北部九州地域における飼料用トウモロコシの絹糸抽出に要する数種積算温度の一定性の比較

レコードナンバー650900論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名上田 允祥
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ71巻・ 2号, p.226-231(2002-06)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (721KB) 
抄録北部九州で栽培されているトウモロコシについて、14~24回の播種期試験データを用いて、絹糸抽出に要する数種の積算温度の一定性の比較を行った。品種は早生のG4321A、中生のG4810A、晩生のP3160および国内育成の交3号を用いた。積算温度は日平均気温0℃以上を積算した単純積算温度(SHUA)、生育下限温度を10℃とする有効積算温度I(EHUAI)および生育下限温度を絹糸抽出までの播種後日数(X)と積算温度(Y)との関係からY=aX+bを求め、a℃以上を積算した有効積算温度II(EHUAII)の3方法を用いた。その結果、SHUAは積算温度の一定性を示す変動係数が7.9%から10.6%と大きく、EHUAIも5.1%から9.3%となり、SHUAと同様に積算温度の一定性の程度が低かった。EHUAIIの変動係数はG4321Aが2.5%、G4810Aが3.2%、P3160が5.2%の小さな値となり、早生、中生および晩生品種はEHUAII法の一定性が認められた。一方、交3号の変動係数は8.5%となり、EHUAII法の中では変動係数が大きかったが、これは、日長感応性が大きいため積算温度の一定性が低くなったものと推察された。
索引語トウモロコシ;雌花;抽出;積算温度;九州地方
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat