菊池川河口域におけるアサリ浮遊幼生の分布状況について

菊池川河口域におけるアサリ浮遊幼生の分布状況について

レコードナンバー651099論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012369NACSIS書誌IDAN10385146
著者名陣内 康成
鎌賀 泰文
鳥羽瀬 憲久
書誌名熊本県水産研究センター研究報告
別誌名Kumamoto ken suisan kenkyu senta hokoku
Report of Kumamato prifectural fisheries research center
発行元熊本県水産研究センター
巻号,ページ5号, p.47-50(2002-03)ISSN09181210
全文表示
抄録1アサリ浮遊幼生の水深別分布状況を、干潟上、漸深帯及びその沖合で一昼夜観測した。 2満潮時干潟上に出現したアサリ浮遊幼生の大部分はフルグロウン期であった。 3漸深帯では、アサリ浮遊幼生はD状期、アンボ期、フルグロウン期ともに満潮時中心に出現した。 4漸深帯では、D状期幼生は上層をフルグロウン期幼生は下層を中心に出現した。 5沖合部では、アサリ浮遊幼生は潮汐に関係なく出現し、アンボ期の占める割合が大きかった。
索引語アサリ;幼生;熊本県;河口;分布;干潟;蛍光抗体法
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat