パブリック・コメント制度に関する一考察

パブリック・コメント制度に関する一考察

レコードナンバー651193論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008899NACSIS書誌IDAN00046279
著者名東海林 克彦
書誌名環境情報科学 = Environmental information science
発行元環境情報科学センター
巻号,ページ31巻・ 2号, p.60-69(2002-07)ISSN03896633
全文表示
抄録鳥獣保護事業計画の基準を対象としたケーススタディ調査により、パブリック・コメントの現状および課題を調査するとともに、パブリック・コメント制度の今後のあり方について考察した。その結果、適切な公表媒体の選択、行政側の情報提供の充実と国民側の内容理解に関する自助努力、パブリック・コメントの性格に応じた適切な実施時期や回数の検討、関係省庁協議や審議会手続きとの関係の整理、パブリック・コメントと公聴会との逆転現象の回避や解消などの必要性が明らかとなった。
索引語行政;制度;野生動物;保全
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat