食用担子菌類の液体培養による機能性食品の開発(1)

食用担子菌類の液体培養による機能性食品の開発(1)

レコードナンバー651215論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
論文副題Agaricus blazei Murillの菌糸およびβ-グルカンの生産に及ぼす有機基質の影響
著者名前川 孝昭
院多本 華夫
杉浦 則夫
ほか2名
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ93号, p.27-33(2002-06)ISSN03888517
全文表示
抄録有機基質培養液で培養した担子菌類Agaricus blazei Murillの菌糸体の生産量に及ぼす有機性栄養基質および菌糸体に含まれるβ-グルカン量を検討した。種菌はバガスコンポストで栽培したA.blazeiきのこから分離した。基本培地はNH4N03、kh2P04、MgS04およびFeS04からなり、添加有機基質は蔗糖、黒砂糖ふすま、大麦およびバガスであった。本培養には1Lの有効容積のファメンターを用い、撹枠・通気のもとで30℃、72時間とした。菌糸体収量は基本培地に添加したふすま、黒砂糖、押し麦およびバガスの順で高くなっていたが、酵母エキス、ペプトン、バガスおよび蔗糖で調製した培地の収量は6.96g/Lで高かった。β-グルカンの生成については、使用した培地、収穫した菌糸体、および菌糸体の洗浄水のβ-グルカン含量は、収穫した菌糸1g当りそれぞれ4.14mg、5.25mgおよび0.03mgであり、合計で9.42mgであった。また、熱水で水洗した菌糸からβ-グルカンを抽出した結果、菌糸には菌糸量1g当りに3.50mgのβ-グルカンが残留していることから収穫菌糸からのβ-グルカン回収率は約33.3%であった。
索引語機能性食品;真菌類(担子菌);液体;培養;菌糸;多糖類
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat