キクタニギク形質転換体の作出と導入遺伝子の発現

キクタニギク形質転換体の作出と導入遺伝子の発現

レコードナンバー651320論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006578NACSIS書誌IDAA11648690
著者名瀬尾 直美
中村 茂雄
書誌名宮城県農業・園芸総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Miyagi Prefectural Agriculture and Horticulture Research Center
Bull. Miyagi Prefect. Agric. & Horti. Res. Cent.
発行元宮城県農業・園芸総合研究所
巻号,ページ69号, p.30-33(2002-03)ISSN13472232
全文表示PDFファイル (431KB) 
抄録2倍体のキク野生種であるキクタニギク[Dendranthema boreale(Makino)Ling]にアグロバクテリウム法によってβ-グルクロニダーゼ(GUS)遺伝子を導入した。形質転換体は2個体得られ、1個体には2コピー、もう1個体には3コピーのGUS遺伝子が挿入されていることが確認された。これら形質転換体においては恒常的にGUS遺伝子の発現が認められたが、発現部位は毛状突起および維管束の一部に限られた。
索引語キク科;形質転換;導入;遺伝子
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat