北米および欧州より輸入された牛凍結胚の品質と受胎率および流産率について

北米および欧州より輸入された牛凍結胚の品質と受胎率および流産率について

レコードナンバー651395論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020638NACSIS書誌IDAA1163152X
著者名山科 秀也
書誌名日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics
別誌名Japanese journal of veterinary clinics
東北家畜臨床研究会誌
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ25巻・ 1号, p.11-16(2002-06)ISSN13468464
全文表示PDFファイル (509KB) 
抄録牛輸入凍結胚の品質と受胎率および流産率を調べた。輸入凍結胚の総数は970胚で、総受胎率は63.4%であった。輸出国別にアメリカ合衆国524胚、カナダ409胚、オランダ37胚であり、受胎率はそれぞれ66.2, 59.9,62.1%であった。凍結保護剤別に、1.4Mグリセロール(Gly)570個、1.4M Gly+0.1Mショ糖(Suc)61個、1.5Mエチレングリコール(EG)306個、1.7M EG33個で、受胎率はそれぞれ67.5,52.5,59.2,51.5%であった。1.5M EG処理胚および1.7M EG処理胚において、子宮角深部移植(32.6および15.4%)と浅部移植(63.7および75.0%)の受胎率に有意差が認められ(p<0.05)、子宮角浅部への移植により受胎率が高くなった。子宮角深部への移植は分岐部より10~15cmの深い部位で、子宮角浅部への移植は分岐部より2~4cmの浅い部位におこなった。Gly処理胚の融解後の品質の悪い胚61個の移植部位別受胎率は、子宮角深部移植(48.3%)と浅部移植(25.0%)との間に有意差が認められ(p<0.05)、子宮角深部への移植により受胎率が高くなった。総流産頭数は39頭で、流産率は受胎総頭数の6.3%であった。Gly処理胚の融解後の流産率では、品質良い胚(5.9%)と品質の悪い胚(18.2%)に有意差が認められ(p<0.05)、品質の悪い胚は流産率が高かった。
索引語ウシ;胚;輸入;品質
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat