ケグワの育苗と初期保育の研究

ケグワの育苗と初期保育の研究

レコードナンバー651463論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020667NACSIS書誌IDAN00032740
著者名阿部 剛俊
西山 嘉寛
書誌名研究報告
別誌名Bulletin : Okayama Prefectural Forest Experiment Station
岡山県林業試験場研究報告
発行元岡山県林業試験場
巻号,ページ18号, p.1-14(2002-03)ISSN03888509
全文表示PDFファイル (1676KB) 
抄録阿部剛俊・西山嘉寛:ケグワの育苗と初期保育の研究一岡山県林試研報18:1-14,2002本研究は、材価や成長の面から新しい造林用樹種として有望である「ケグワ」について育苗方法、保育方法を明らかにし、今後、ケグワ造林を推進するための基礎資料とする。ケグワは過去に造林の例が無いため、保育方法や増殖方法に関する知見は非常に少ない。そこで ①種子の特性 ②育苗方法 ③植栽当年の施業方法 ④柱材を得るための施業方法 ⑤栄餐繁殖方法の5項目について研究を行った。「種子の特性」では、集合果1kg当たり約2万粒の充実種子が得られること、採種木により発芽率が大きく異なること、種子の長適な保存条件は風乾後、密封し低温下に置くこと等を明らかにした。「育苗方法」では、取り播きを行い、成長の差が明らかになる次年の7月上旬に苗高が概ね55~60㎝以上であれば、秋期以降に造林用苗木として利用できることが明らかとなった。「植栽当年の施業方法」では、10cmおよび50㎝の高さで切り戻すことで植栽後の生存率が高まることが明らかになった。「柱材を得るための施業方法」では1成長期経過後に台切りを行うことが、長い通直部を得るのに有効であることを確認した。「栄獲繁殖方法」では、根接ぎ法による増殖に成功した。
索引語育苗;施業;種子;クワ科;発芽;林業;苗木
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat