高知県手結地先に生育するカジメ(褐藻,コンブ目)の年齢と形態の関係

高知県手結地先に生育するカジメ(褐藻,コンブ目)の年齢と形態の関係

レコードナンバー651519論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名芹澤 如比古
上島 寿之
松山 和世
ほか3名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ50巻・ 2号, p.163-169(2002-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (376KB) 
抄録南日本、土佐湾手結地先のカジメ(褐藻、コンブ目)個体群の年齢と形態の関係を1996年に季節的に調べた。生長輪の計測から少数の3歳個体を確認した。調査期間中の茎長と茎径の各年齢群での平均値は0歳群で3.4~12.6cmと4.6~7.5mm、1歳群で5.9~!3.7cmと7.7~10.2mm、2歳群で7.2~18.4cmと10.3~13.4mmであった。中央葉長、中央葉幅、側葉数、最長側葉長はそれぞれ0歳群で18.5~32.8cm、4.6~6.2cm、9~2!枚、10.6~23.8cm、1歳群で22.0~39.1cm、5.5~6.9cm、14~27枚、20.1~34.9cm、2歳群で9.6~25.6Cm、5.8~8.1cm、17~30枚、32.5~40.3cmであった。中央葉長を除く全ての測定項目は概ね年齢に伴って増加したが、それらの値は年齢群間で重複しており、はっきりとは分離しなかった。
索引語コンブ科;高知県;年齢;植物形態
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat