タイ南部の雨季と乾季におけるマングローブ林と大気の間のCO2と熱の交換

タイ南部の雨季と乾季におけるマングローブ林と大気の間のCO2と熱の交換

レコードナンバー651552論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名文字 信貴
鱧谷 憲
浜田 宜冶
ほか7名
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ58巻・ 2号, p.71-77(2002-06)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (469KB) 
抄録タイ南部のマングローブ林でC02と熱の交換の特性を雨季と乾季について調べた。林上のC02と熱フラックスの測定には2種類の改良傾度法(Monji et al.,2002)を用いた。1つは顕熱フラックスを渦相関法で求めて傾度との関係から拡散係数を求め、それをC02と水蒸気フラックスに適用する方法で、もう一つはこの森林の特定高度についてフラックスと傾度の関係、ここではΦm、Φh、とリチャードソン数の関係を求めておき、傾度法を適用する方法である。後者はかなり雨が激しいときに顕熱フラックスが渦相関法で求まらないときに用いた。熱フラックスについては雨季と乾季では大きな違いが見られた。雨天日には大きな上方向の潜熱フラックスがあり、これを補うように顕熱は大きく下方に運ばれていた。また、雨天日にはC02フラックスは日中でもわずかに上方向であった。全天日射量とC02フラックスの関係は雨季と乾季では大きな相違を示さなかった。 マングローブ林内の微気象を調べるために、プローブを上下させて測定を行った。林内に進入する汽水は熱環境やC02分布に影響を与えることがわかった。また、林内のCO2、は夜間に貯留され朝の日射の開始と共にそれが消費される様子が認められた。貯留の割合は風が強いときは林上のC02フラックスに比べると小さいが、弱風時には10%を超え、無視できない量であることがわかった。
索引語タイ国;マングローブ;季節;二酸化炭素;森林;熱;気象;測定
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat