切り返し,芽かきを行ったリンゴ‘ふじ’のわい性台木苗に対する摘葉処理,ベンジルアデニン散布がフェザーの発生に及ぼす影響

切り返し,芽かきを行ったリンゴ‘ふじ’のわい性台木苗に対する摘葉処理,ベンジルアデニン散布がフェザーの発生に及ぼす影響

レコードナンバー651708論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名小野 剛史
小池 洋男
玉井 浩
ほか1名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ1巻・ 1号, p.31-34(2002-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (424KB) 
抄録新梢先端付近の摘葉処理、およびBA散布時期が切り返し、芽かきを行った2年生苗木‘ふじ’のフェザー発生に及ぼす影響を検討した。 長めのフェザーを多く発生させるためのBAの散布適期は、新梢が20~30cmとなった時期であった。新梢先端の葉身長が3cm未満の未展葉の若葉を摘み取る処理は‘ふじ’の2年生苗木に対するフェザー発生促進効果が高かった。摘葉処理は5、6日ほどの間隔で2~3回繰り返すことによって、より一層フェザー発生効果が高まることが明らかとなった。BA散布と摘葉処理の組み合わせによる相乗的なフェザー発生効果も認められた。
索引語リンゴ;わい性;苗木;葉;植物生長調節物質;枝
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat