ブルースター(Oxypetalum caeruleum)切り花の品質保持に及ぼすSTS,1-MCPおよびスクロース処理の影響

ブルースター(Oxypetalum caeruleum)切り花の品質保持に及ぼすSTS,1-MCPおよびスクロース処理の影響

レコードナンバー651716論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名平谷 敏彦
清水 弘子
市村 一雄
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ1巻・ 1号, p.67-70(2002-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (349KB) 
抄録チオ硫酸銀錯塩(STS)、1‐メチルシクロプロペン(1-MCP)およびスクロース処理がブルースター切り花の品質保持に及ぼす影響を検討した。5%あるいは10%スクロース処理を行ったところ、品質保持期間が延長したが、葉に薬害が発生した。5%スクロース、STSおよび両者を組み合わせた処理を行ったところ、スクロースとSTSを組み合わせることにより、単独処理よりも品質保持効果が高まったが、薬害が発生した。スクロース濃度を3%とし、STSと組み合わせた処理を行ったところ、品質保持効果が得られ、薬害も発生しなかった。一方、1-MCPに花持ち延長効果は認められなかった。3%スクロースとSTSを低温・暗黒条件下で処理しても品質保持効果が得られた。
索引語切り花;品質;エチレン;阻害物質;糖
引用文献数13
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat