テンサイ褐斑病の抵抗性“強”品種における発生推移と薬剤散布効果の持続期間

テンサイ褐斑病の抵抗性“強”品種における発生推移と薬剤散布効果の持続期間

レコードナンバー651751論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009215NACSIS書誌IDAN00352173
著者名有田 敬俊
清水 基滋
梶山 努
ほか2名
書誌名てん菜研究会報 = Proceedings of the Sugar Beet Research Association
別誌名Proceedings of the Japanese Society of Sugar Beet Technologists
てん菜技術連絡研究会発表論文集
てん菜研究会報
発行元甘味資源振興会
巻号,ページ43号, p.64-70(2002-07)ISSN09121048
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録 (1)抵抗性“強”品種において、テンサイの褐斑病発病株率が50%に到達するまでの日数は、甚・多発生では“弱”品種に比較して少なくとも1週間程度遅く、中発生ではさらにその差は広がった。 (2)発病株率50%日以降も、抵抗性“強”品種における発病進展は抵抗性“弱”品種よりも緩慢であり、このため両品種の発病程度の差は経過日数とともに拡大した。 (3)無散布条件では、抵抗性“強”品種での糖量の減少程度は、抵抗性“弱”品種よりも小さく、発生程度が中発生では減少はなかった。 (4)薬剤散布効果の持続期間試験において、単年度ではあるが、甚発生条件下で検討した。その結果、抵抗性“強”品種のマンゼブ水和剤およびカスガマイシン・銅水和剤の効果持続期間は20日程度であり、抵抗性“弱”品種よりも約10日間長い。同様に、ジフェノコナゾール乳剤およびテトラコナゾール乳剤では30日程度認められ、抵抗性“弱”品種よりも約20日間長かった。
索引語テンサイ;病害(糸状菌病);抵抗性;品種;発生生態;薬剤;散布;効果;持続性
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat