保水材混合による土壌の透水性・保水性の変化

保水材混合による土壌の透水性・保水性の変化

レコードナンバー651793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名小島 紀徳
石田 丈介
濱野 裕之
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ219号, p.19-25(2002-06)ISSN03872335
全文表示
抄録乾燥地での植林にあたっては土壌中の水移動を制御し、蒸発、流失量を極力削減し、その分を樹木からの蒸散に変えることが必要である。そのために保水材を土壌に混合して透水性、保水性を改善することが提案されている。そこで、豊浦砂に高分子保水材(SAP)、ボーキサイト、ピートを混合し、定量的に透水性、保水性の挙動変化を把握した。その結果、どの保水材を混合しても、混合比の増加に伴い透水性は減少し、保水性は増加した。ピートを混合すると,4.2>pF>1.8で大きな保水性の向上が確認された。焼成ボーキサイトは、高pFでの体積含水率が大幅に増加し、特に乾燥地において有効である可能性が示唆された。
索引語土壌改良資材;透水;土壌水分;混合;高分子;泥炭;透水係数
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat