ビニールハウスにおけるトマトのロックウール栽培と消費水量

ビニールハウスにおけるトマトのロックウール栽培と消費水量

レコードナンバー651803論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名伊藤 健吾
千家 正照
岩間 憲治
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ219号, p.105-111(2002-06)ISSN03872335
全文表示
抄録トマトのロックウール栽培を対象に、作物係数と蒸発位を調査した。ハウス内気象の推定において計画基準法と実測値を比較した結果、従来の方法では湿度と風速に問題があった。飽差では暖房期の湿度が推定できないため、水蒸気圧を指標とする方が好ましい。風速は日平均値にすると無視できる範囲であった。日消費水量は2.5mmで、ロックウール栽培におけるトマトの作物係数は計画基準の露地よりも小さな値を示した。本圃場では灌水の9%が余剰となったが、ハウスでは日照条件が異なるため消費水量にバラツキが生じ、余剰水の発生は不可避となる。必要灌水量に対する消費水量の割合は95%であった。
索引語ハウス栽培;トマト;ロックウール;蒸発散;気象;測定;水蒸気;消費量;日射
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat