長野県佐久地方におけるマダニ刺咬症とライム病の臨床疫学的研究

長野県佐久地方におけるマダニ刺咬症とライム病の臨床疫学的研究

レコードナンバー652076論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011651NACSIS書誌IDAN00196216
著者名堀内 信之
書誌名日本農村医学会雑誌
別誌名Journal of the Japanese Association of Rural Medicine
日本農村医学会雑誌
発行元[出版者不明]
巻号,ページ50巻・ 2号, p.85-95(2001-07)ISSN04682513
全文表示
抄録本邦の農山村では、古くから大型の大豆大までになるマダニ(tick)による刺咬症があり、ときに咬着しているマダニをつまみ取った後に遠心性に拡大する紅斑が出現する症例がみられた。われわれは、1987年に「マダニ刺咬症の統計」と題して、このような遊走性紅斑の7症例を報告した。ところが同じころ、馬場等によって妙高高原でシュルツェマダニ刺咬後に生じたライム病の本邦第1例が報告され、注目されるようになった。われわれは、その後もマダニ刺咬症とライム病の実態調査を続けてきたのでその結果を報告した。1999年までのマダニ刺咬症は、165例であり、その中で遊走性紅斑を生じたライム病患者が16例であった。外来受診時の状態は、虫体が咬着したままの症例62例(37.6%)、虫体を除去した後の症例79例(47.9%)、遊走性紅斑を生じた症例16例(9.7%)、その他8例(4.8%)であった。年度別患者数は1994年の18例、月別患者数は6月の135例・7月の113例、年齢別患者数は10歳以下の33例・50歳代の32例・60歳代の29例、咬着部位別患者数は腹部の99例が多いものであった。マダニの除去法は、医師にて切開又は切除して除去したもの56例、自分又は家人がつまみ取ったもの94例、自然脱落したもの7例となった。刺咬マダニの種類は、シュルツェマダニ56例・ヤマトマダニ26例・その他3例となった。ハイリスク集団である営林署職員のアンケート結果と抗ライム病ボレリア抗体の測定をあわせて報告した。
索引語疾病(寄生虫病);ダニ目;媒介;疾病(細菌病);臨床;疫学;長野県
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat