黒ボク土施設土壌における陰イオンと陰イオン交換容量の関係

黒ボク土施設土壌における陰イオンと陰イオン交換容量の関係

レコードナンバー652155論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012844NACSIS書誌IDAN10510532
著者名加藤 哲史
書誌名群馬県農業試験場研究報告
別誌名群馬農試研報
Bull. Gunma Agr. Exp. Stn.
発行元群馬県農業試験場
巻号,ページ7号, p.7-10(2002-03)ISSN13412019
全文表示PDFファイル (403KB) 
抄録黒ボク土施設土壌において、深さ別の陰イオン含量及び陰イオン交換容量について調査を行った。その結果、硫酸イオンと陰イオン交換容量との間に高い相関関係が認められた。しかし、陰イオン交換容量は塩素イオン及び硝酸イオンに影響しなかった。主に土壌中の液相に分布しているものと推測される硝酸イオンは、負吸着の影響を強く受けている。そのため、過剰な灌水等の行為は硝酸イオンの下層への移動を促進させ、地下水汚染の一因となる可能性が高いと考えられた。
索引語施設栽培;黒ボク土;イオン交換;容量;アニオン;溶脱;環境汚染;硫酸;塩酸;硝酸
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat