CAガス環境下における樹上完熟マンゴーの呼吸特性

CAガス環境下における樹上完熟マンゴーの呼吸特性

レコードナンバー652260論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名中村 宣貴
Darisi Venkata S.R.
椎名 武夫
名和 義彦
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ28巻・ 3号, p.111-117(2002-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (449KB) 
抄録樹上完熟'Irwin'マンゴーを用いて、CAガス環境下の呼吸速度について調査を行い、以下の知見を得た。 (1)5℃、15℃、25℃の三つの温度区で呼吸速度測定を行った結果、温度と呼吸速度の間には片対数グラフ上で直線関係が得られた。 (2)5℃で約1カ月間の保存において低温障害はみられなかった。 (3)02濃度の違いはCO2排出速度にほとんど影響を与えなかった。一方、O2吸収速度はO2濃度の減少に伴って減少し、その結果、呼吸商が増大した。しかし、5℃の02濃度10%以上の条件では02吸収速度、呼吸商ともに変化はみられなかった。 (4)C02濃度の上昇によって、5℃、15℃においては、02吸収速度、C02排出速度がともに抑制され、呼吸商にはほとんど変化がみられなかった。その傾向は5℃でより顕著であった。 以上のことより、樹上完熟'Irwin'マンゴーの呼吸抑制には、5℃程度の低温、10%程度の高C02濃度を保ち、極端な低02状態を避けることが有効である。
索引語マンゴー;呼吸;ガス;環境調節;成熟
引用文献数19
登録日2011年06月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat