河畔域におけるオニグルミの齧歯類による種子散布と実生の定着

河畔域におけるオニグルミの齧歯類による種子散布と実生の定着

レコードナンバー652362論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名後藤 真平
林田 光祐
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ84巻・ 1号, p.1-8(2002-02)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1013KB) 
抄録後藤真平・林田光祐:河畔域におけるオニグルミの齧歯類による種子散布と実生の定着 日林誌 84:1~8、2002 山形県東大鳥川の河畔林において、2年間にわたるオニグルミ堅果の散布実験とオニグルミ全個体の分布調査を行った。3調査区のそれぞれの中心に置いたマーキングしたオニグルミ堅果1,500個は両年とも約1ヵ月ですべて消失した。その後に発見されたマーキング堅果は7.1%であった。その96%はアカネズミとニホンリスによって食べられており、実生として発見されたマーキング堅果は26個で、散布後3年目に発芽したものもあった。実生はすべて分散貯蔵された堅果から発芽したと考えられ、3調査区内全域に広く、また川からの高低にかかわらず分布していた。調査地内に生育するオニグルミの個体も、川からの比高にかかわらず分布していた。以上のことから、河畔林のオニグルミ堅果はほとんどニホンリスとアカネズミの運搬・埋土によって散布され、融雪期の流水による流出は起こりにくいと考えられる。齧歯類による分散貯蔵の行動は河畔域でのオニグルミの更新に重要な役割を果たしていることが推察される。
索引語クルミ科;種子;ネズミ;実生;河川;広葉樹;森林生態
引用文献数26
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat