ヒノキ林におけるガス態による乾性沈着量の定量化

ヒノキ林におけるガス態による乾性沈着量の定量化

レコードナンバー652374論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
論文副題ビッグリーフモデルと林内雨法を用いたSO2-S流入量の推定
著者名尾保手 朋子
大手 信人
田中 広樹
ほか2名
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ84巻・ 2号, p.91-99(2002-05)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1286KB) 
抄録尾保手朋子・大手信人・田中広樹・勝山正則・谷誠:ヒノキ林におけるガス態による乾性沈着量の定量化-ビッグリーフモデルと林内雨法を用いたS02-S流入量の推定- 日林誌 84:91~99、2002 森林に対するガス態による乾性沈着量の定量化を行うために、大気-植物間のガス交換の経時変化を推定する樹冠単層モデル(ビッグリーフモデル)を提示し、S02-S流入量を推定した。その結果、1998年6月から1999年5月では3.5kg S ha-1yr-1、1999年6月から2000年5月では3.1kg S ha-1yr-1のSO2-S流入量が推定された。また、林内雨と林外雨によるSO42--S流入量の差からS02-S流入量の分別評価を行う林内雨法を用いてビッグリーフモデルによる推定結果と比較を行った。無機態硫黄の総流入において、降水(6.1~6,5kg S ha-1yr-1)は約45~60%、粒子状物質(0.6~4.1kg S ha-1yr-1)は約5~30%、ガスは約20~35%を占める可能性が示された。
索引語ヒノキ;二酸化イオウ;モデル;推定;森林;ガス
引用文献数31
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat