徳島県南部沿岸におけるフトモヅク養殖の試み

徳島県南部沿岸におけるフトモヅク養殖の試み

レコードナンバー652421論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007640NACSIS書誌IDAA11672196
著者名吉見 圭一郎
團 昭紀
山本 浩二
ほか1名
書誌名徳島県立農林水産総合技術センター水産研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Center Fisheries Research Institute
別誌名徳島県立農林水産総合技術センター水産研究所研究報告
徳島県水産研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Fish. Res. Ins.
徳島水研報
発行元徳島県立農林水産総合技術センター水産研究所
巻号,ページ1号, p.29-32(2002-03)ISSN13472763
全文表示PDFファイル (572KB) 
抄録フトモヅクの養殖試験を、徳島県の太平洋沿岸部で試みた。フトモヅクの初期発芽体および中性複子嚢遊走子を付着させた養殖網を、漂砂が強く影響する海底面に接するように敷設したところ、15~20日の期間内に直立藻体が肉眼視された。藻体の伸長は養殖網の表面だけに見られ、裏面にはフトモヅクや雑藻の付着・生育は観察できなかった。その後、海底面から20cmの高さに固定した養殖網から、90日後には長さ25cmの成熟藻体が生育した。養殖試験の結果から、2ヶ月以上にわたって水温が10~20℃で推移する透明度の高い浅海域が、フトモヅクの養殖環境として好適であると考えられた。海水の潮流動も藻体の成長に強い影響を与える可能性が示唆され、波浪の大きさと施設の耐久性を考慮した養殖場所の選択が重要であると指摘した。
索引語褐藻植物;養殖;徳島県;沿岸;野外試験
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat