陸稲戦捷の葉いもち圃場抵抗性に関与する量的形質遺伝子座の連鎖分析

陸稲戦捷の葉いもち圃場抵抗性に関与する量的形質遺伝子座の連鎖分析

レコードナンバー660069論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015503NACSIS書誌IDAA11317194
著者名加藤 恭宏
遠藤 征馬
矢野 昌裕
ほか3名
書誌名育種学研究 = Breeding research
発行元日本育種学会
巻号,ページ4巻・ 3号, p.119-124(2002-09)ISSN13447629
全文表示PDFファイル (686KB) 
抄録陸稲戦捷由来のイネいもち病圃場抵抗性のDNAマーカー選抜法を確立するため、陸稲戦捷と水稲農林29号を交配して得られたF2集団を用い、葉いもち圃場抵抗性に関与する量的遺伝子座(QTL)の連鎖分析を行った。なお、葉いもち圃場抵抗性の評価には、F2各個体由来のF3系統群を用いた。F3系統群の葉いもち圃場抵抗性は極強から極弱までの連続異変が観察され、戦捷の抵抗性には複数の遺伝子が関与していることが示唆された。QTL解析の結果、第4染色体の制限酵素断片長多型(RFLP)マーカーG271、第4染色体のG177、第11染色体のC1172および第12染色体のS826近傍に葉いもち圃場抵抗性に関与するQTLが検出された。F3系統群における葉いもち圃場抵抗性の全表現型分散におけるそれぞれのQTLの寄与率は、45%(G271)、13%(G177)、8%(C1172)および8%(S826)であった。いずれのQTLにおいても、戦捷の対立遺伝子が抵抗性を高める作用を持っていた。
索引語抵抗性;圃場;葉;もち;染色体;陸稲;系統;遺伝子座;連鎖;分析
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat