酸素濃度の急減に伴うエダマメおよびミニトマトの呼吸活性とエチレン生成の応答性

酸素濃度の急減に伴うエダマメおよびミニトマトの呼吸活性とエチレン生成の応答性

レコードナンバー660093論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名中野 浩平
中村 宣貴
椎名 武夫
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 5号, p.710-715(2002-09)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (591KB) 
抄録低酸素環境に対するエダマメやミニトマト果実の呼吸やエチレン生成の応答性について検討した。雰囲気酸素濃度を21%から3.5%へと急減させた前後の酸素吸収、二酸化炭素排出およびエチレン生成速度を測定した。低酸素環境に変更することによってガス代謝速度は指数関数的に減少すると仮定した数学モデルは実測値とよく一致し、新たに定義された応答速度定数Kによって低酸素濃度に対する各ガス代謝の応答性の定量的な評価が可能となった。K値は、酸素吸収、二酸化炭素排出、エチレン生成でそれぞれ異なり、特に二酸化炭素排出の応答が鈍いことが明らかとなった。また、二酸化炭素排出のK値は青果物の種類、熟度によっても異なった。これらの結果は、ガス代謝過程の違いや、ガスの溶解度、果皮面の透過性および果肉組織の構造といった物理的性質の違いが原因しているかもしれない。
索引語酸素;エチレン;生成;二酸化炭素;ガス;濃度;低酸素;速度;代謝;トマト
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat