ジゴキシゲニンを利用したRAPD法(DIG-RAPD)によるスイートピー(Lathyrus odoratus L.)の類縁関係

ジゴキシゲニンを利用したRAPD法(DIG-RAPD)によるスイートピー(Lathyrus odoratus L.)の類縁関係

レコードナンバー660095論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名花田 裕美
萱野 暁明
田中 宥司
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
園芸学会雑誌
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 5号, p.719-721(2002-09)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (380KB) 
抄録15品種のスイートピー(Lathyrus odoratus L.)を用いて、PCR産物をジゴキシゲニン(DIG)で標識するRAPD法(DIG-RAPD法)やPCR産物をアクリルアミドゲルで分離した後にエチジウムブロマイド(EtBr)で染色する方法(AE-RAPD法)の感度の比較を行った。その結果、DIG-RAPD法は、アガロースゲル電気泳動を用いる従来のRAPD法の約2倍の検出感度であり、AE-RAPD法の約1.7倍の検出感度を有することが明らかとなった。一方、多型を示すPCR産物の検出効率は、いずれのRAPD法を用いても、約20%弱と同程度であった。従って、DIG-RAPD法を用いることにより、小数のプライマーで多数のPCR産物を分析することが可能となり、従来の方法に比べ、多様性の少ない作物においても効率良くRAPDマーカーを得ることができることが明らかとなった。
索引語PCR;産物;RAPD;検出;ゲル;RAPD;類縁;品種;標識;アミド
引用文献数4
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat