2-Methoxy-2-[2-(benzylideneaminooxymethyl)-phenyl]-N-methylacetamide誘導体の殺菌活性

2-Methoxy-2-[2-(benzylideneaminooxymethyl)-phenyl]-N-methylacetamide誘導体の殺菌活性

レコードナンバー660122論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名市場 常男
村司 孝己
鈴木 慎司
ほか2名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 3号, p.223-228(2002-08)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (559KB) 
抄録2-メトキシ-2-(2-置換フェニル)-N-メチルアセトアミド誘導体の側鎖部分を種々変換し、高い殺菌活性を示す化合物の検索を行った。側鎖にα-メチルベンジリデンアミノオキシメチル基を導入した化合物に高い活性を示すものが見出された。特ににα-メチルベンジリデンアミノオキシメチル基のベンゼン環の3-または4-位に、トリフルオロメチルまたジフルオロメトキシ等の比較的嵩の低い置換基を導入した化合物が高い活性を示した。α-位はメチルおよびエチル基を持つ化合物に優れた活性が認められたが、プロピル基では低下する傾向が認められた。メチルチオ基を導入した化合物ではキュウリ灰色かび病に対する活性に比較しキュウリべと病に対する活性が高かった。オキシム部に生じる2つの幾何異性体の活性は、E-体がZ-体に比較し全ての病害で高い活性を示した。α-メチルチオ誘導体の中で4-トリフルオロメチルおよび4-ジフルオロメトキシ置換体は圃場においてもキュウリべと病に対し高い防除効果(25~100ppm)を示し、さらに前者はジャガイモ疫病に対しても高い防除効果を示した。
索引語活性;化合物;キュウリ;殺菌;べと病;防除;効果;フェニル;検索;ベンゼン
引用文献数12
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat