ベビーフード容器中のアルキルフェノール,ビスフェノールA,ベンゾフェノン及びフタル酸エステルの含有量とその溶出実態

ベビーフード容器中のアルキルフェノール,ビスフェノールA,ベンゾフェノン及びフタル酸エステルの含有量とその溶出実態

レコードナンバー660166論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名尾崎 麻子
山口 之彦
岡本 章良
ほか1名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ43巻・ 4号, p.260-266(2002-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (672KB) 
抄録2001年に購入したベビーフードの容器16試料を対象とし、ビスフェノールAなど内分泌かく乱作用が疑われている化合物を含む16物質の材質中含有量とその溶出実態を調査した。フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)が7試料(1.2~9.1μg/試料)、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)が15試料(1.3~18μg/試料)から検出された。これらのうち5試料について水、4%酢酸及びn-ヘプタンの3種の食品疑似溶媒を用いて溶出試験を行った結果、n-ヘプタンで最も多く溶出され、DBPが3試料から0.68~1.7μg/試料、DEHPは全試料から0.33~3.5μg/試料検出された。乳幼児のこれら容器に由来するDBP及びDEHPの摂取量は、それぞれ一日耐容摂取量(TDI)の約1/2500、1/90~300と見積もられた。
索引語容器;フェノール;酸;含有量;実態;摂取;エステル;内分泌;作用;化合物
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat