脱穀制御のための穀粒流量センサに関する研究

脱穀制御のための穀粒流量センサに関する研究

レコードナンバー660188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
著者名松井 正実
井上 英二
桑野 朋子
ほか3名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ64巻・ 5号, p.95-100(2002-09)ISSN02852543
全文表示
抄録自脱コンバインで収穫作業を行うとき、脱穀部内を通過する穀粒の量はコンバインの刈り幅、作業速度や圃場の作物の収量によって大きく変動している。本研究では流量変化に伴う穀粒損失の低減、並びに選別性能の向上を目的として、脱穀制御を行うための穀粒流量を把握すべく、圧電素子を用いたカウント式センサを自脱コンバインの穀粒貯留タンク内に取り付けて実験を行った。その結果、センサからの出力と収量との間に高い相関(R=0.92、0.97)が見られ、制御を行うにあたっては十分な精度を有していることが明らかとなった。
索引語穀粒;脱穀;制御;流量;研究;作業;収量;収穫;速度;圃場
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat