流域管理と地域用水の今後の制度的展開

流域管理と地域用水の今後の制度的展開

レコードナンバー660197論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014130NACSIS書誌IDAN0020119X
著者名丹治 肇
書誌名農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan
別誌名Journal of the Japanese Society of Irrigation Drainage and Reclamation Engineering
農業土木学会誌
水土の知 : 農業土木学会誌
発行元農業土木学会
巻号,ページ70巻・ 9号, p.813-817(2002-09)ISSN03695123
全文表示
抄録流域管理が欧米を中心に進展している。環境関連法案は、基本法先行で決まる方向が強まっている。今後、わが国に欧米に準ずる動きが進めば、地域用水は、流域管理の一部の環境用水を中心に、制度展開すると予想される。また、流域管理の中で、環境管理の指標が重要になるため、当面は、汚染者費用負担原則による農薬、肥料の使い方が問題になる可能性が高い。
索引語管理;流域;用水;環境;地域;制度;展開;欧米;指標;汚染
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat