傾斜草地における表層土壌水分の空間分布特性と領域平均を示す代表地点の探索

傾斜草地における表層土壌水分の空間分布特性と領域平均を示す代表地点の探索

レコードナンバー660206論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名諸泉 利嗣
佐藤 裕一
佐藤 幸一
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ220号, p.9-17(2002-08)ISSN03872335
全文表示
抄録傾斜草地を対象として、100cm(3)コアサンプラーを用いた現地サンプリング結果をもとに、表層土壌水分量の空間分布特性を明らかにした。また、「Time stability」概念を用いて領域平均を示す代表地点の探索について検討した。圃場全体の表層土壌水分量は湿潤状態が進むと変動係数が小さくなり、その分布は乾燥が進むと正規分布からずれる傾向にあった。「Time stability」概念の適用によって、時間変化に関係なく常に領域全体の平均体積含水率に近い値を示すサンプリング地点の存在が示唆されたが、この概念の適用にあたっては数多くのサンプリング事象を必要とするなどの問題点も明らかになった。
索引語分布;サンプリング;草地;空間;特性;探索;土壌;水;土壌水分;現地
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat