宮崎県諸塚村における帯状複層林のスギ・ヒノキ下木の成長特性

宮崎県諸塚村における帯状複層林のスギ・ヒノキ下木の成長特性

レコードナンバー660291論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名溝上 展也
伊藤 哲
井 剛
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ84巻・ 3号, p.151-158(2002-08)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1115KB) 
抄録優勢木平均樹高が約18mの65年生ヒノキ一斉林において皆伐帯幅約14m、保残帯幅約19mで交互帯状皆伐が行われてから26年経過した帯状複層林のスギ・ヒノキ下木の成長と形状比を調査した。樹高と胸高直径は保残帯中央から皆伐帯中央にかけて大きかった。林縁距階ごとの優勢木平均樹高と樹幹解析から得た樹高成長曲線を収穫表の値と比較した結果、皆伐帯でのスギ・ヒノキ下木の樹高成長は隣接する一斉林と同程度であることが示唆された。形状比は林縁からの距離に関係なくほぼ一定で、その平均はヒノキで81、スギで76であり、これらは中庸密度管理の一斉林でみられる形状比の平均的な値に近かった。帯状複層林下木の樹高成長には上木の庇護による微気象緩和と成長減退のバランスが関与し、形状比には上方と側方からの直達光の量が関与すると考えられ、これらの規定因子として帯幅が重要であることが示唆された。本調査地の優勢木平均樹高の80%に相当する皆伐帯幅は樹高成長と形状比からみて妥当な範囲にあったと評価できる。また、帯状複層林は高収益、高成長、高蓄積、生物多様性の保全などの持続的経営林の要件を満たす可能性を有していると考えられた。
索引語樹高;ヒノキ;皆伐;形状;複層林;スギ;下木;調査;宮崎県;特性
引用文献数42
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat