ラマ属家畜被毛の形態について

ラマ属家畜被毛の形態について

レコードナンバー660468論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名祐森 誠司
桑山 岳人
池田 周平
ほか12名
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ47巻・ 1号, p.49-53(2002-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (1179KB) 
抄録本研究では、日本国内におけるラマ属の被毛生産の可能性を検討するうえで基礎的な知見と考えられるラマ属家畜の被毛形態について検討した。ラマの被毛は、日本とペルー国で飼育される動物から採取した。アルパカの被毛は日本で飼育される動物から採取した。グアナコとビクーナの被毛はラ・モリナ農業大学の共同研究者から提供されたものを用いた。メンヨウ(サフォーク種)の被毛は、我々の研究室で飼育されている個体から採取した。伸張率、クリンプ数、太さ、キューティクルの面積と形について肉眼あるいは電子顕微鏡による観察を通じて測定された。ラマ属の被毛の伸張率(1.3-2.1)はメンヨウのもの(3.2)よりも低い値を示したが、逆にラマ属の被毛のクリンプ数(5.4-8.9)はメンヨウのそれ(2.4)よりも多かった。このことは、ラマ属の被毛の柔軟性がメンヨウよりも劣っていることを示唆している。太さに関する結果は、ラマの粗毛が他の動物の普通の毛の2~3倍太いことを示した。また、ビクーナの被毛の太さは他の動物の普通の毛の1/2倍であった。電子顕微鏡での観察結果から、キューティクルの形は2種類に分類され、1つは、ラマ、アルパカ、グアナコ、メンヨウのように幅の広いタイプであり、もう1つはビクーナのような長さの長いタイプであった。ビクーナの被毛はキューティクルの面積(47.4-70.0μ㎡)が最も小さく、他の日本国内飼育動物のそれはそれぞれ近似した値を示した。
索引語毛;属;動物;日本;飼育;家畜;形態;面積;電子顕微鏡;観察
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat